起業マインド+自分らしさ+ビジネス戦略の3本の矢で自分サイズ起業。個人事業主・小規模経営者を目指す方を起業支援。

独立起業プロデューサー 麻生裕二プロフィール

  • HOME »
  • 独立起業プロデューサー 麻生裕二プロフィール

独立起業プロデューサー 麻生裕二(あそう ゆうじ)

独立起業プロデューサー麻生裕二1976年3月14日生まれ、東京都出身、鎌倉市在住

株式会社クレアーレ代表取締役、独立起業プロデューサー、セカンドキャリアデザイナー、イタリアビジネスサポーター、ドライビングインストラクター、元レーシングドライバー(国際C級モータースポーツライセンス保有、ジャパン・ルマン・チャレンジ耐久レースチャンピオン)、リコレクト認定メンタルアドバイザー、イタリア語が堪能(シエナ外国人大学)

不安や恐怖心で独立起業への一歩が踏み出せない方や資格を活かして独立起業を目指す方を対象に、自分らしさを活かして自分サイズ起業する方法やオーダーメイドで個別サポートする「独立起業プロデューサー・セカンドキャリアデザイナー」として活動中。レース体験から学んだ「苦境から脱出する方法」や「自分らしさの発揮方法」「起業家マインド」を独立起業志望の悩めるビジネスマン、ビジネスウーマンに提供し、一歩を踏み出す勇気とワクワク感を引き出すお手伝いをしている。元レーサーとして活躍し、イタリアでのレース修行後は国内の耐久レースでチャンピオンも獲得する。レーサーという生死の狭間での体験談は非常に興味深く、多くの方を勇気づけている。

イタリア語を話し、趣味は自転車。自転車は年に1度イタリアのヴィンテージ自転車のレースに参加している。

麻生裕二のストーリー

幼い頃からいたずらやスリルのある遊びが大好きで、気の合う仲間と自由気ままに遊んでいた。小学校3年生の時、冒険心にあふれ破天荒な性格の母親がいきなりイタリア留学を決意する。そして自身も母・兄と共に1年間イタリアで生活を送ることになる。イタリアの自由なスタイルや風土が肌に合い、楽しい1年間を過ごす。

高校は男子校にトップ入学をする。しかし本来の自分とは違う「優等生」というレッテルを張られることに窮屈さを感じる。また厳しい校則、男ばかりで華やかさがない環境、昔からの親しい友人が別の高校に行ってしまった、という要素が重なり高校生活がつまらなくなる。

同級生が就職活動をはじめる時期「このまま皆と同じように就職をして良いのだろうか?」「もっと夢を追ってもいいんじゃないのか?」という疑問を持ちはじめる。当時はF1全盛期。そんなモータースポーツへの憧れから「自分もレーサーを目指そう!」と決意する。

ポテンシャル発掘プロデューサー麻生裕二ストーリーそして19歳でフランスのレーシングスクールへ留学。帰国後資金を貯め、満を持して22歳の時、昔慣れ親しんだイタリアの土を再び踏む。多くのレーサーが幼少期のカートからステップアップして行く中、22歳での遅いスタートを切る。

「いつかはフェラーリに!」という夢を抱えスタートしたレーサー生活。しかし、言葉の壁、文化の壁、コミュニケーションの壁、人種差別、さらにデビュー戦での大クラッシュを経験し、なかなか前に進めない日が続く。ドライビング技術を向上させるのはもちろん、イタリア語での日常会話に加え専門用語も必死に学び、イタリア人スタッフとも積極的にコミュニケーションをとるようにする。その甲斐がありいくつかのレースでは表彰台に入賞することができるまでに成長する。

その後帰国して国内のレースに参戦する。しかし、なかなか成績が伸びずスランプに陥る時期を経験する。そこであるメンタルトレーナーに出会いメンタルトレーニングを実践する。このトレーニングで「自分らしさ」と「自分に合ったやり方」を見つけ出しポテンシャルを発揮することになる。その結果、耐久レースではチャンピオンを獲得する。

「よしっこれからもさらに上を目指そう!」と思っていた矢先、リーマンショックが起きる。その影響でスポンサー活動がうまくいかず、金銭的にレースを続けることが難しい状況になる。

「レースをしたい!」「でもできない‥」という葛藤の末、「レースが出来なくなった今、自分に何ができるのか?」と人生の岐路で悶々とする。そんな中、レースで培った「自分らしさの重要性」や「苦境やスランプから脱出する方法」「ポテンシャルの発揮」などで一歩を踏み出せない方、楽しみを忘れかけた方、無力感に支配されている方などの役に立てないか?と考え始める。

人財ラボ様で講演そして自分らしさを発揮させるポテンシャル発掘方法を伝えるために会社を設立。起業家として新たなスタートを切る。しかしなかなかうまく進まない。そして自分らしさや楽しさ、仲間を意識して活動を進めて行くうちに、様々なご縁やサポートを頂きビジネスが動き出す。

現在は自分らしさを発揮させた「ポテンシャル発掘方法」を主体としたセミナーや個別サポート活動の他、講演依頼なども受けている。

どんな苦境の中にいても、自分と向き合い自分らしさを発揮させ、笑顔と勇気、自信を取り戻すことで、一度きりの人生を笑顔でやりがいを持って自由に過ごすことが出来る!と言う想いを胸に活動を進めている。

将来は自分がサポートしたさまざまなジャンルの方々とパートナーとして楽しくビジネスを進めたい!そんな素敵なチームを作りたい!と思っている。

J:COM様でセミナー開催講演・セミナー・メディア実績

2014年 J:COMの情報番組「夕なび」でセミナー紹介
2014年 人財ラボ様で講演 詳細はこちら
2014年 苦境を脱し結果を出すための3つの要素セミナーをJ:COMスタジオ他で開催
2008年 大阪CEO LINK様で講演

レース戦績

マレーシア12時間耐久レース2008年 マレーシア Merdeka Millennium Endurance Race Aクラス4位

2007年 ジャパンル・マンチャレンジ
LMP2クラスシリーズチャンピオン(優勝3回)

2006年 ジャパンル・マンチャレンジ
LMP2クラスシリーズ3位(優勝1回)

ジャパンルマンチャレンジ2004年 フォーミュラBMWアジアテストドライブ

2003年 スーパー耐久選手権スポット参戦
関東F4選手権 シリーズ5位(3位2回)

2002年 富士ロードスターカップ チャンピオン(優勝3回)

2001年 TIPOシトロエンAXカップスポット参戦 3位

ジャパンルマンチャレンジチャンピオン1999年 イタリアF3テストドライブ
フォーミュラ・フォードスポット参戦

1998年 フォーミュラ・フォード・イタリア シリーズ6位
全10戦中7戦に出場 3位表彰台など

1995年 フランス・ウィンフィールドレーシングスクール留学

オートメカニック詩にドライビングレッスンインストラクターとして掲載レースメディア実績

2007年 ラジオレインボータウンFM79.2「わくわくピットロード」出演
ラジオ日本AM1422出演
レース雑誌「オートスポーツ」掲載
レース雑誌「レーシングオン」掲載
カー雑誌「カーグラフィック」掲載
クルマ情報誌「JAF SPORTS」掲載

2006年 レース雑誌「オートスポーツ」掲載
レース雑誌「レーシングオン」掲載
カー雑誌「カーグラフィック」掲載
クルマ情報誌「JAF SPORTS」掲載
テレビ「J SPORTS」にてレース模様放送
カー雑誌「オートメカニック」にドライビングテクニックの記事掲載

中古車マガジンカッチャオに掲載2005年 CS放送アスリート解体新書「カーレース 速さを生み出すトレーニング」出演
ラジオレインボータウンFM79.2出演

2003年 中古車マガジン「カッチャオ」掲載
レース雑誌「オートスポーツ」掲載

1998年 イタリアレース雑誌「アウトスプリント」掲載

車関係の職歴

・サーキットドライビングコーチ(個人向)
・カート大会主催
・自動車メーカー系のサーキットイベント同乗走行ドライバー
・サーキット走行会での同乗走行ドライバー
・セーフティードライブインストラクター
・レーシングスクールインストラクター
・シートベルトの設計

無料小冊子『小さな起業で夢を実現させる自分サイズ起業3本の矢』

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP